最終更新日 2014年08月07日

イメージ

アンチエイジング研究を支える先端企業

日研ザイル株式会社 日本老化制御研究所

研究用試薬の開発製造・受託検査

国内外の研究機関、大学との共同研究により酸化ストレスマーカーを測定する研究用試薬を開発製造。世界29ヶ国67社の代理店を通じて世界中の研究者に利用されています。

採用実績

受託検査事業では、製品開発の成果と長年蓄積した分析技術をもとに、尿や血液の検体検査や食品の抗酸化性評価を行っています。 近年の予防医学、アンチエイジング、機能性食品への関心の高まりとともに、日本全国の病院、大学、研究機関、食品メーカー、 医薬品メーカー等から、酸化ストレスマーカー、老化関連ホルモン、ミネラル等の分析依頼が増えています。

老化/生活習慣病 関連マーカーの開発

老化/生活習慣病に深く関わる「酸化ストレス」。大学等との共同研究成果をもとに最先端のバイオマーカーを開発。アンチエイジング、食品の機能性評価、医学研究に広く利用されています。

食品の放射能検査を実施中です

食品・飲料水などの放射性物質分析を行っております。高性能なゲルマニウム半導体検出器を導入、国際規格であるISO/IEC 17025の試験所認定を取得、食の安全安心を支えます。1検体4,500円(税別)

日研ザイル株式会社 日本老化制御研究所

〒437-0122
袋井市春岡710-1
TEL:
0538-49-0125
FAX:
0538-49-1267
HP:
http://www.jaica.com

お問い合わせはこちら

設立
昭和 60年 8月
資本金
80000000円
売上
非公開
従業員数
20名
事業内容
キット試薬事業と受託検査事業を行っています。
キット試薬事業では、酸化ストレスマーカーを測定する研究用試薬の開発、製造、販売をしています。 活性酸素による酸化損傷生成物を検出するモノクローナル抗体やELISAキットに関して、世界中から高い評価を受けています。 主力商品の8-OHdG Check(8-OHdG ELISAキット)は、1999年には発明大賞池田特別賞、2000年には科学技術長官賞を受賞しました。