最終更新日 2018年05月02日

イメージ

3Dプリンターが柔らかいゴムを再現

松本産業株式会社

ゴム物性に近い材料での造形

反力を比較し、単なる造形から最大限ゴム製品を再現した材料で造形します。ゴム製品はその特性から圧縮した状態で使用されることが多く、圧縮時の反力(戻ろうとする力)によってシール性を確保しています。反力比較により同等の力を確認できれば、ゴム状樹脂3D品でシール性の再現と相手側の筐体の設計の助けになります。

採用実績

ガスケット、ブッシング等

ゴムの専門知識があるからこその具現化

3Dで造形することで事前にパーティングライン部を想定することができ、どこで型割り部を出すか、相手への影響を含めご提案。パーティングラインと呼ばれる凸状のゴムラインがシール性に影響することがあります。

即日納入対応!造形品精度±0.1mm

インクジェット方式で精度の高い造形を可能にし、かつ3Dデータのご送付から3日でお届けできる体制を整えております。ものづくりスピードアップにどこよりも早く形状をみてみませんか。

松本産業株式会社

〒417-0033
静岡県富士市島田町1-50
TEL:
0545-52-4429
FAX:
0545-53-3456
HP:
http://www.masg.co.jp/

お問い合わせはこちら

設立
昭和 56年 09月
資本金
10000000円
売上
非公開
従業員数
34名
事業内容
シール商品・Oリング・オイルシール・パッキン・接着剤の専門商社であることを活かし、ゴム成形品をゴム状樹脂で代用した3D試作造形