最終更新日 2017年07月18日

イメージ

豊かさをつくる機械の創造

株式会社丸仲鐵工所

理念は「クラフトニクス」!

美しい木肌を削り出す「超仕上げかんな盤」、貴重な材料を薄く・均一にスライスする「縦突きベニアスライサー」、平面やプロフィール形状の基材にシート状の表面材を接着する「ラッピングマシン」など、独創の技術で国内外で販売シェアのNo.1の製品の機械を含む、数多くの製品をつくり、世界40か国以上に販売しています。

採用実績

国内ハウスメーカー、建材メーカー、キッチンメーカーの製造工場、および海外の
内装材(床材、窓枠、壁材など)の工場、楽器製造工場等。

メッセージ

表面の最終仕上げ技術を追求します

株式会社丸仲鐵工所 代表取締役社長 望月清史

静岡市で昭和9年に創業しました。私で3代目となります。 当社は表面の最終仕上げ技術にこだわりを持って技術開発を続けています。 その「こだわり」を「クラフトニクス」(登録商標)という言葉に込め、当社製品の開発理念としています。 「クラフトニクス」とは、日本人の持つ伝統的な職人技=クラフトマンシップと、最先端の「メカトロニクス」技術とを融合、結晶させ、高付加価値でありながら伝統的な職人の技が感じられるテクノロジーを意味しています。これからも「クラフトニクス」の精神で、豊かな暮らしをつくる機械を生み出します。  

株式会社丸仲鐵工所

〒421-0111
静岡市駿河区丸子新田175-1
TEL:
054-259-8111
FAX:
054-257-0498
HP:
http://www.marunaka-jp.com

お問い合わせはこちら

設立
昭和 9年 5月
資本金
80,000,000円
売上
非公開
従業員数
37名
事業内容
建築・建材用各種木工機械,プレカットシステム、塗装乾燥システムの製造販売