最終更新日 2014年11月18日

イメージ

電線用導体製造100年で培った高い技術力

武蔵金線株式会社

小ロット多品種短納期対応

φ2.0mm~φ0.05mmの銅線,すずめっき銅線を主に製造しています。
他には無酸素銅線,アルミ線,銅合金線,銅被覆線などの特殊線,特殊な構成の撚り線も製造しています。
試作品の製造など、是非ご相談ください。

採用実績

㈱フジクラ,米沢電線㈱

多芯撚り線導体

電線にしなやかさを求めると細い素線を多くの本数で撚る事になります。 構成によりますが、多芯撚りが可能です。(3,000芯以上の製造実績有り)

アルミ線の伸線・撚り線加工

純アルミの場合φ0.10mmまでの伸線加工が可能で、単線及び撚り線の製造をしています。合金アルミの場合はご相談下さい。

メッセージ

創業100年 常にお客様に喜ばれるように

武蔵金線株式会社 代表取締役社長 宮内賢一

武蔵金線㈱は、1914年(大正3年)創業以来100年にわたり電線用導体の製造に携わってまいりました。 豊富な経験と確かな技術力により高品質な製品を提供させて頂いております。 銅線や銅合金線及びアルミ線の伸線加工・撚り線加工・すずめっき加工の専門メーカーとして、少量から対応しお客様に喜ばれるよう、さらに向上を目指し、努力を続けて参ります。

武蔵金線株式会社

〒410-1322
静岡県駿東郡小山町吉久保136-1
TEL:
0550-76-1313
FAX:
0550-76-3837
HP:
http://www.musashikinsen.co.jp/

お問い合わせはこちら

設立
大正 3年 5月
資本金
2,000万円
売上
1,227百万円
従業員数
26名
事業内容
電線導体の製造を行っています。(コード,ケーブルの絶縁被覆する前の電線)
電力・通信・自動車・建販・ロボット・医療用など様々な分野で使用されています。